車の買取とは

中古車を売却する方法の1つに
「買取(かいとり)」という方法があります。

別項目で解説した
「下取り」とはどのように違うのでしょうか?

ここでは「買取」について解説いたします。

車のアップ画像

買取は車を売って現金を受け取る方法

「下取り」は
新車を購入する際に、新車販売店に愛車を売却し、
その売却した金額を新車の価格から値引きしてもらう方法でした。

ですので「下取り」では、現金自体を受け取ることはありません。

しかし、「買取」では、
愛車を買い取ってもらったら、引き換えに現金を受け取ります。

その現金は自由に使って大丈夫です。
買い取りしてもらったお店で、車を購入する必要はありません。

買い取ってくれる業者は沢山ある

「買取」を専門的に行っている業者には以下のようなお店があります。

  1. メーカー系列の中古車販売店(新車の販売なしない)
  2. 中古車販売専門業者

の2つが主なお店です。

「1」のメーカー系列の中古車販売店は、
トヨタや日産などの子会社などが運営しているショップで、
トヨタなら「T-UP」、日産なら「カウゾー」、
ホンダなら「オートテラス」などがあります。

メーカー系列のお店は「ディーラー系」とも言います。

「2」の中古車販売専門業者の場合は、
大手ですと、
ガリバー」「アップル」「カーチス」「カーセブン」などがあります。

メーカー系と専門業者のどちらが高く買い取るかについては、
その時の在庫状況や、車の状態、季節などにより変化しますので、
一概に「こっちの方がお得!」とは言えません。

一番良いのは、どちらにも査定してもらうことです。
手間と時間はかかりますが、それが一番いいでしょう。

専門業者なら、ネットで簡単に査定を申し込める業者が多いので、
忙しい人でも大まかな値段を把握することが出来ます。

買取は現金が必要な人には良い方法

「買取」は、売却した愛車と引き換えに、
手元に現金が残りますので、
お金が必要になった人には良い方法です。

もちろん、新たに新車を購入する予定でも
「下取り」ではなく「買取」を利用する人もいます。

先ほど申しましたとおり、
車の査定価格は、在庫や時期などにより変化しますので、
「下取り」と「買取」のどちらがお得とはハッキリ言えません。

それぞれに査定をしてもらうのが一番良い方法です。